症例別施術例一覧

Case

小学1年生 女の子 広汎性発達障害

小学1年生 女の子

 

・5歳の時 広汎性発達障害と診断

・人と目が合わせにくい。

・聴覚過敏 (風の音・友達の声・サイレン・楽器など)

聴覚過敏のため、自分自身話している声のボリューム調節が上手に出来ない。

・便秘

・会話のテンポが遅い、反応が遅い、質問に対して意味不明な答えを言ってしまう。

・感覚過敏

 

 

 

初診治療直後から、聴覚の過敏さが軽減してくる。

5~6回目くらいから、会話の反応が早くなり

癇癪も減り 音楽の授業にもスムーズに参加できるようになる。

 

 

以降

治療を重ねていくにつれ、情報処理能力が高まっている。

今までできなかった事に対して癇癪をよく起こしていたが、できない事を出来るように努力・練習をするようになる。

しっかりとした会話が成り立つ。目を合わせられる時間が伸びてくる。

想像力も増してきて、算数の計算のイメージ(足し算・引き算)ができるようになる。

 

 

現在も月に2~3回のペースで通院していただいてます。

 

 

天気や生活状況など環境の変化により、

症状の波は多く出現しますが、

今までよりも学校生活、家族と過ごしやすく生活ができていると

喜びのお声をいただいております。