症例別施術例一覧

Case

発達遅滞・多動症 男性・12歳

県立療育センターで「発達遅滞」「多動症」と診断される
落ち着きがない・言葉遅れ・おとなしくできない

施術後の様子

「授業をおとなしく受けている」と学校の先生から驚きの報告を受ける。 学校で机に向って勉強できるようになっている。他の生徒の手を引いてあげたり、面倒をみてあげるようになる。 家でも絵を描いたり、一つのことに集中して遊べるようになる。 言葉の数が増えて、発声も上手にできている。 学校では、一人で保健室に行ったり、トイレにお友達と行ったりすることができており、先生から「落ち着きが出てきて成長しましたね」と言われるように。