症例別施術例一覧

Case

吐気・逆流性食道炎って改善するんですか? はい!こんな症例があります。

糖尿病による腎不全をお持ちだったMさん、

お父様の腎臓を譲り受け、腎臓移植をされたものの

毎日、定期的に襲ってくる吐気と嘔吐に

悩んでおられました。

病院のお薬を服用しても症状に改善が見られず、

当院に来院いただきました。

 

当院では、針施術と指頭感覚法(手技療法)を

併用させていただきました。

施術当初は、変化も少なかったのですが、徐々に改善が見られ、

今では吐気があっても、吐くまでは至らないほど

回復し、Mさんも喜ばれております。


 

施術前の様子

腎臓の移植手術後、毎日、お昼前になると気分が悪くなり、
嘔吐されていました。
病院で処方された薬を服用していても、
なかなか症状は治まりませんでした。

お腹にも”しこり”のような硬さがあり、
『パンッ』と張っていて苦しそうでした。

ご本人さんが意識しないところで、手足がピクピク動く
不随運動が診られ、手足の筋肉もこわばり、関節も硬かったです。

施術後の様子

針施術では全身を、
指頭感覚法(手技療法)では、腹部を中心に施術することで、
吐気も弱まり、吐く回数も少なくなりました。

腹部にあった”しこり”のような硬さも無くなり、
お腹の張りも消え、柔らかく柔軟なお腹に戻りました。

手足がピクピク動く不随運動も治まり、
筋肉も緩み、関節の柔軟性が戻りました。

スタッフからのコメント

吐気ということで、施術開始当初は、
お首や背骨の施術をメインにさせていただいていたのですが、
改善が少なかったです。

腹部の”しこり”や硬さを中心とした施術に切り替えてから、
徐々に症状の改善が見られました。

まだ、吐気はあるものの吐かずに済んでいる日が
ドンドン増えているので、
このまま吐き気も消失するよう、全力でサポートしていきます。

前田針灸接骨院:裏戸 雅行