症例別施術例一覧

Case

髄膜炎:鍼灸治療の様子(3歳)最初は頭のみ⇒症状に合わせて全身に刺鍼

愛知県からお越しのFちゃん3才です。

今回、初めて宿泊集中治療に来て下さいました。

生後2週間で髄膜炎にかかり、その後遺症で身体が思うように動かなかったり、

物への興味が少ないなどの症状があります。

 

 

▼治療の様子

 

 

最初は頭のみですが、症状に合わせて全身に針を打ちます。

 

刺す時は泣いてしまいましたが、終わると泣き止みます!

 

Fちゃん頑張ったね\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

針治療と併せてリセプター療法も行っています。

手足の感覚、体幹のバランス、空間認知など様々な感覚にアプローチします。

 

 

 

 

▼リセプターの様子

 

 

 

 

おもちゃなどを使って、

視覚や触覚等の感覚を刺激します。

 

しっかり目で見てるね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ボールを使って

  しっかりキャッチ!腕もしっかり上がっています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ▼お母さんにボールをどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ▼体幹トレーニング!

 

 

 

▼しっかり骨盤をたたせます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ▼最後はお母さんとブランコ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はリセプター療法中に泣くことが多かったのですが、だんだん泣く時間が減ってきました!

 

リセプター療法はこどもたちが喜ぶ遊びの要素を盛り込んでいるので

とても楽しく、そして短時間で効率の良い運動療法です!

 

当院独自の「新脳針」と「リセプター療法」で脳の神経ネットワークを広げ、

症状の改善に取り組んでいます。

 

Fちゃんは治療し始めてから、少しずつ反応が良くなり、

目がパッチリ開くようになってきました!

 

これからもまた一緒にがんばろうね!

 

 

 

そしてFちゃんの可愛い笑顔がたくさん見れますように☆

 

 

 

 

 針灸科 高橋愛美