施術について

Care

新脳針療法

新脳針療法について

About our treatment

「難病や発達障がいの原因は脳にある」

脳は、その部位によって「理論的に考える」「言語を司る」「身体に必要な情報を流す」など、分業された役割を果たしています。そしてその各部位が神経ネットワークによって密につながっており、相互に伝達を行うことで健康的な肉体と生活を維持します。
しかし年をとって脳が萎縮してしまったり、病気や事故によって損傷を受けたり、あるいは遺伝など、なにかの理由でネットワーク自体に欠陥がある場合などに、さまざまな不調が生まると考えます。

「新脳針」とは

新脳針療法模式図

当院では、「難病や発達障がいの原因は脳にある」という考え方を基に、長い年月をかけて深く研究を進め、独自の模式図を作成しました。

その模式図に基づいて必要な頭皮エリアに鍼を打ち、その鍼を通じて0.7ミリアンペアの微弱電流を流します。
人体にはもともと微弱電流が流れていますが、こうして鍼を通じた微弱電流を流すことで確率共振反応による微弱なノイズ入力信号が伝わり、脳神経を活性化させ、ネットワークが繋がることでダメージを受けた部分の代償作用として、難病や発達障がいを克服する可能性があると考えました。
この研究は1985年、国際鍼灸学会で発表し、ついに「新脳針」療法という当院独自の施術法として確立されました。

施術風景

「新脳針療法」の施術では、神経伝達の活性化のみならず、ホルモンバランスを整えたり、自律神経の働きを促進し、「交感神経」と「副交感神経」のバランスを良くすることで、体が本来持っている自然治癒力を調整し、強化させます。
これによって今まで西洋医学では施術困難と言われてきた様々な難病や慢性病、発達障がいにも効果を発揮するのです。

新脳針療法+3つの連携プログラム

当院では、新脳針療法に加え、その効果を高める3つのプログラムを考案し、これによってさらに多くの成果をあげてきました。

3つの連携プログラム

※リセプター療法、動作改善法、指頭感覚法はオプションです。患者様の状態に合わせた治療法をご提案します。

新脳針療法は手術でも魔法でもありません。ですから一朝一夕にとはいきませんが、根気よく施術を続けること、様々な刺激を脳と身体に与えることで次第に相乗効果を発揮し、実際に多くの方や様々な症例に対して改善が見られ喜んでいただいています。
もちろん、「睡眠」や「食事」や「適度な運動」の大切さをもう一度見直しながら、一緒にがんばりましょう。

下記より、当院が最も力を注ぐ症例をご覧ください。
たくさんの患者様からのお喜びの声が、現在苦しんでいる患者様の希望となりますよう、そして次なる患者様のお喜びの声となりますように。