症例別施術例一覧

Case

パーキンソン病の進行を抑えるには笑顔が一番(^O^)/

春が近づいてきましたが、皆さんお元気でしょうか?
春は新芽から花が咲き、気持ちも明るくいなる季節ですね。

人間の体内も自然界と同じで、新たな組織芽生えてくる
と言われています。

最近、パーキンソン病の患者さんが最近多く来院されているのですが、
皆さんなかなか笑顔が出にくい患者さんばかりです。
他にも手の震えや歩行困難など、いろいろな症状が出て来るのですが、

 

常に明るく楽しく、笑い意識して、笑顔を作る。
この事は、脳内のドーパミンを誘発させる近道なのですよ。
新脳針を受ける時にもこのような明るいいイメージで
受けていただくと、治療効果も高まるはずです。

 

 

治療風景のご紹介 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 加圧トレーニングにもパーキンソンにはとても効果があります。

 

 

 

 

 

京子先生とYさん
いつも楽しい会話で、
新脳針と加圧トレーニングに励んでします。
すごく笑顔が出てきたので、1ショット
これからも頑張りましょうね。

 

 

 

受付
大本節子