症例別施術例一覧

Case

夜泣き、かん虫、虚弱体質に小児はり!(刺さないはり)

皆さんは小児はりって聞いたことがありますか?

小児はりは生後3か月(5kg)の赤ちゃんから小学校6年生位までのお子様を対象とした「刺さない針」のことなんです!(^^)!

 

皆さんお子様のこんな症状で困った事はないですか?

夜泣き・かん虫・キーキー声(奇声)・おねしょ・風邪ひき・チック症・どもり・便秘・下痢・喘息・食欲不振など

 

この様な症状をもつお子様は感受性が豊かな反面、身体の成長と心の発育のアンバランスが起きやすく、この事を小児神経症といいます。お子様は神経や皮膚粘膜が未発達な為、外からの様々な刺激に対して思うように対応できなかったり、脳の発達に対して身体が思うように動かなかったりすることで、イライラとしてしまい、自律神経のバランスを崩しやすいんです。

 

そこで!このようなお困りの症状に対してお薬等に頼らずに、強い味方で効果があるのが「小児はり」なのです(^o^)

「小児はり」は特殊な器具を使い、皮膚を刺激することにより、神経の高ぶりを抑え内臓の働きや心身のバランスを整えることにより、成長を促進します。また、このような症状がなくても、健康増進・健康管理としてもお子様の健やかな成長のお役に立ちます!!

 

このような症状で現在2家族で通っていただいているなおちゃん・ひろ君・ゆあちゃんをご紹介いたします♪♪

 

最初はなおちゃんが約2年前に受診してくれました。症状はかみつき、夜泣き、歯をかみしめる、イライラ等がありました。また、風邪を引きやすく、よく鼻水をだしていました。約2か月程で症状がずいぶんと落ち着き、それに伴って食欲もでてきました。現在ではかみつきもなく、元気に過ごしているのですが、幼稚園に行くようになってから、風邪をよくもらってくるようになり、現在は体調管理をメインで治療中です!!

その後、約1年前から従兄弟のひろ君がイライラ、爪かみ、風邪ひきで通ってくれており、最近では妹のゆあちゃんも体調管理で通ってくれています☆ひろ君は落ち着きがでてきましたが、妹もいるからかまだイライラと不安定な感じあるので、体調管理とともに治療をしています。

 

これからも3人仲良く、元気に成長していけるように一緒にやっていこうね(*^_^*)