症例別施術例一覧

Case

新脳針で、いつも笑顔でニコニコ ドーパミン放出!

 

パーキンソン病は仮面様顔貌と言って表情が硬くなり

笑顔が出なくなるのが特徴です。

しかし、人間は心があるため、辛い時にはやはり落ち込む事もあり笑顔が消える事も

あるでしょう。

しかしHさんはいつもニコニコ笑顔、これは本人の持つ根からの

性格でしょうね。

 

笑う事で体内の持つ免疫細胞(ナチュラルキラー細胞)が増殖するといわれています。

新脳針はこの細胞の増殖促進を助け、その他ドーパミンなど快楽物質も盛んにさせると言われています。

また、ドーパミンは楽しい・嬉しいなど愉快な心になった時に出やくなりますので、

私達スタッフも楽しく、明るく接するように接し、、少しでも治療時間は前向きで、豊かな気持ちになってもらえる様に心がけます。

パーキンソン病の患者様には、いつも気持ちを切り替えができる豊かな心であってほしいですね。

Hさんとても元気に毎週来院されています。

 

鍼は全身治療!

0.7ミリアンペア 微弱電流を注入中(^^)/

 

 

接骨科併用で、体幹バランス、歩行訓練もします。

すごくバランスよく歩行できています。

 

 

 

 

進行を抑え、優しいご主人に付き添われて、毎週一回来院されます。