施術について

Care

難病への取り組み

脳室周囲白質軟化症(PVL)

Periventricular leukomalacia

新脳針療法

「新脳針」療法により、ダメージを受けている神経細胞に対して正常な神経細胞が神経ネットワークを拡げ「脳の代償作用」を最大限に発揮させることを目指します。頭部以外にも太もも、ふくらぎ、足首など硬く動きにくい箇所を丁寧にみつけて鍼を打ちます。体の緊張は骨や筋肉の発達と共に強くなっていきますが「新脳針」療法で筋緊張を緩和させるから、3つのプログラム療法で身体に正しい動きを覚えさせて、それが脳へのフィードバックとなり、脳を活性化し、出来ることを増やしていく事を目的としています。

新脳針についてもっと詳しく見る