スタッフブログ

Staff Blog

本日のオススメ本「舟を編む」(三浦しをん)

言葉の海を渡る舟を編む・・・辞書の編纂をテーマにした一冊。

言葉に耽溺し、広い視野を持つ製作者の、辞書に込められる情熱と想いが見事に伝わり、その想いが伝わってこそ最後の手紙はとても心に響きます。

「言葉」とは、これほど奥深く興味深いものなのだと改めて感じると同時に、語彙を増やすことで、言いたいことや思いをより的確に伝えることができるということは、やはり人間関係を円滑に運び、無駄な衝突や誤解を防ぐ、大事な基礎だと痛感します。

一つのものに情熱を注いで生きるのは、簡単なことでもないし、そもなかなか見つからないものです。この本を読むと、”自分にも何か一つ、夢中になれるものを見つけたい”とモチベが上がります。

しかしながら、つくづく辞書というものは、発刊作業以前に、改訂作業にも途方もなく手間暇がかかり、校正の数、なんと五校。想像しただけで気が遠くなります。内容も、時代にそった言語を反映し、削ったり増やしたり、終わりのない世界です。

今では何でも検索の時代ですが、時々は辞書をめくってみようかな、と思わずにいられない一冊、オススメです。

 

前田針灸接骨院 本院 ばんどう