京子の部屋へようこそ

Kyoko's Blog

この冬よく食べたもの~気力をアップさせる食事~

2024年になって初めての投稿になります。

月日の経つのは本当に早いです。

今年の目標に「毎月コラムをアップする!」と掲げたのに

すでに1月はアップ出来ませんでした。

患者様からも「京子の部屋見てます」と言っていただいていたのに反省しています。

2月からは頑張ります!!

 

さてこの冬に私が良く食べていたものをご紹介します。

因みに今回ご紹介する食事は本院スタッフのまかないランチです。

・ごはん

・あおさの味噌汁

・とろろ

・切り干し大根の煮物

私の実家の熊谷産の大和芋はねばりが強く精のつく冬の食材です。

大和芋のぬるぬる成分には大根の3倍の消化酵素がふくまれていますので

胃腸の弱い方や気力のない時にはお勧めです。

冬は黒い物を食べると体に良いとされていますので、海苔は是非食べたいですね。

あおさのりは、普通の海苔よりもカルシウムが多いですが、普通の海苔もカリウムやマグネシウム

などのミネラルが多く身体に大切な栄養素が取れます。

 

・親子丼

・具沢山味噌汁(大根、人参、豆腐、大豆、大根の葉、鶏団子)

・かぼちゃの煮物

鶏肉は身体を温めるので、冬は豚肉や牛肉よりもおすすめです。

羊肉は身体を温める作用が強いので冬の「ジンギスカン」は良いですが

夏の暑い日のジンギスカンはあまりお勧めできないです。

かぼちゃも冬の野菜で身体を温めますし、胃腸にも優しく気力のない時にも気を補ってくれる食

材です。

 

先日の診療で「やる気が起きない」という患者様がいらっしゃいました。

以前「うつは心の風邪」というコマーシャルがあってから心療内科に気軽に通院される方が増

え、当院に来られる方もお薬を服用していらっしゃる方もいらっしゃいます。

うつ、やる気が起きないというのは気の滞りや気が足りない状態です。

そんな時は食事で補っていきましょう。

かぼちゃの他、お米、味噌、山芋、じゃがいも、さつまいも、しいたけ類、豆類、鶏肉、豚肉、

牛肉などなど、、、

簡単に言うと、ごはんと具沢山味噌汁を食べると良いということです。

お米のパワーについてまた次回書いていきます。

前田京子