施術について

Acupuncture for Children

小児適応疾患

小児適応疾患

Acupuncture for Children

当院には、小児患者様が日本全国から通院されています。

治療風景

当院の長い経験の中で脳室周囲白質軟化症(PVL)やてんかん、筋ジストロフィー、発達遅滞、自閉症、学習障がい(LD)など、その他遺伝子の疾患や病名が付かないお子様もいらっしゃいます。このようなお子様が『新脳針』療法を受けて成長していく姿をみて参りました。

現代医学では薬の処方が主流となり神経を安定させることを目的に処方されることが多く、その副作用で新たな症状が発症しているケースが多くみられます。またコンビニ食などの摂取により食品添加物が体内に蓄積されることで、身体にさまざまな悪影響を及ぼしている事も考えています。 また、時代の変化に伴いスマホやタブレットなどから離れられなくなるスマホ依存症、パニック症状、チック症状などで生活習慣に関わる自律神経のバランスが乱れから、イライラしたり情緒不安定なお子様も多くみられるようになってきています。
こうした若年層は大人になってからの生活の質にも大きく影響します。早い段階で生活を見直し『新脳針+3つのプログラム』を開始することにより、早期改善につながり、強い心と身体を作る事にもなります。

お子様の脳と身体は、これから成長する段階です。『新脳針』療法の刺激は、頭皮のツボへの鍼通電刺激が脳波を介して脳全体に伝わり、確率共振反応から神経ネットワークを広げ、脳を活性化させるのです。そして“脳の代償作用”によって障がいを受けている部分の発達を促す事を目指しています。 下記にお子様の適応疾患の一例をあげていますが、 このような症状が心配なお子様には『新脳針+3つのプログラム」がおすすめです。 適応症に記載なく適応外だからと思わずに、まずはお気軽にお問い合せ下さい。
「新脳針」療法は、お子様の成長する力を最大限に発揮させるためのもので、心配されるような副作用はありません。薬の服薬による副作用が心配な保護者様には、ぜひおすすめいたします。

小児はり(刺さないはり)の説明
小児針灸治療について
治療イメージ1
治療イメージ2
治療イメージ3
治療イメージ4

このような症状でお悩みの方、ぜひご相談ください。

治療イメージ
  • 首が座らない、お座りできない、歩けない
  • 足の緊張が強い、足がクロスになる
  • つま先立ちになる
  • 2~3歳になっても言葉が出ない
  • 食事(ミルクを飲む)のとき、むせたり吐いたりしてしまう
  • 食欲がない
  • なかなか寝付かない、夜泣きがひどい
  • 便が3日以上出ない日が続く
  • おねしょが頻繁で気になる
  • 奇声を発したりする
  • イライラしがちでよく怒る、キレる
  • 目をパチパチさせる、鼻を鳴らしたり、首を曲げるなどのチック症状
  • 言葉がどもったり、話すときに顔をしかめる、足を叩く、舌を出すなどする
  • お友達とコミュニケーションがうまくとれない
  • 朝起きられない、学校に行きたがらない
  • 頭ががよく痛くなる
  • お腹がよく痛くなる
  • 夜遅くまで起きている、寝つきが悪い